AWASOUL BLOG

 

こちらに直接アクセスした方は

↓のバナーをクリックしてTOP

ページよりアクセスしてください。

 

     
 

2011年12月06日

【2011−14】みんなの力で『徳島の誇り』へ!

12/3のA岡山戦で、徳島ヴォルティス2011シーズンの戦いは幕を閉じました。

多くのチームの勝ち点が近接し、本当に激しいJ2戦線を、最後の最後まで
昇格争いを演じ、充実したシーズンだったと思っています。

本当に1年間、全力を尽くして戦ってくれた選手・チームはもちろんのこと、
クラブ関係者のみなさん、共に応援し、感動を分かち合ったサポーターのみなさん、
運営を支えてくれたサポートスタッフのみなさん、資金面を支えてくれたスポンサー
のみなさん・・・
数え上げればキリがありませんが、ヴォルティスに関わる全てに感謝の一言です。


最終節で昇格を逃した時、それぞれの心の中に感じた悔しい気持ち、流した涙。
この経験をバネにして、徳島ヴォルティスはもっと強くなっていけるはずです。

すでに、2012シーズンの準備は始まっています。

徳島を愛するみんなが心をひとつにして、1人でも多くの人が熱い気持ちで繋がり、
その思いを行動へ。昨日よりも今日、一歩ずつでも前へ。

そして、誰に対しても胸を張って誇れるクラブへ育てていきましょう!
 

投稿者 awasoul : 19:09

2011年11月29日

(2011−13)【岡山戦企画告知!】『徳島のチカラ』をひとつに!

前節のH鳥栖戦、厳しい結果となりました。

しかし、昇格の可能性は十分に残っています。

今シーズン、順風満帆とは言えないかもしれませんが、
何度も窮地に陥りながらも、その都度、強い気持ちで立て直し、
ここまで辿り着きました。

選手の、チームの、クラブの、ここまで戦ってきた一人ひとりの力を信じ、
「徳島のチカラ」をひとつにして、みんなが全力を尽くして、
共に夢を掴み取りましょう!


【企画の告知です】

『青い絆で思いをひとつに!』

View image

●我々でヴォルティスブルーの布(約90cm×5cm)を準備します。
●カンコースタジアム入場口付近にて、来場者のみなさまに配布します。
(事前にコンタクトが可能な方は、試合日以前にお渡し可能です)
●各自でメッセージを書き入れた後、身に着けてください。
(部位は問いません)

青い絆で思いをひとつに、最後の一瞬まで、共に戦いましょう!
どうしても会場に来られない方も、ぜひ各々で同様の布等をご準備いただき、
この大事な時間、徳島を愛するみんなでひとつになりましょう!

[みなさまにお願い!]
●相当な来場者数が予想されますので、早めのご来場と、予備は準備しますが、
可能な限り、白色マーカー(布用がオススメです)をご持参下さい。
●それと、黒色マーカーもご持参いただければ幸いです。
(現地で、他にも考えている企画があります!)


以上、よろしくお願いいたします!


【追記】
※なお、上記企画等の費用については、みなさまにご支援をいただいている
「みんなのゴール裏プロジェクト」基金を充当いたします。

それと、改めて、同プロジェクトへのご支援につき、告知させていただきます。

メンバーからお声掛けさせていただくことがあると思いますが、
新たにご協力をいただける方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いいたします。

(参考)
当ブログ・5/25掲載
【告知2011−1】「みんなのゴール裏プロジェクト」について
をご参照下さい。

 

投稿者 awasoul : 12:36

2011年11月21日

(2011−12)みんなで昇格への思いを伝えよう!

四国ダービーの後、A栃木、A湘南と、厳しい接戦をものにして、
昇格への道をつなぎ、いよいよラストスパート。

次節ホームゲーム最終戦、鳥栖戦は本当に大一番となります。

徳島サポーターの心と力をひとつにして、この日を迎えるため、
ゴール裏からのお願いをさせていただきます。

スタジアムに来る一人ひとりが、
『J1昇格に向けた思い・メッセージを準備して』
して、
(白布、画用紙等に記載するなど方法はみなさんにお任せします)
『選手入場時に、でき得る限り、みんなが立ち上がって』
『準備したメッセージを掲げましょう』

ぜひ、お誘い合わせの知人・ご友人にも広げていただければ幸いです。

そして、どんな状況になっても、最後の一瞬まで、気持ちを緩めることなく、
声援で、拍手で、チームの後押しを続けましょう!

【告知用POPの印刷用はこちら(PDFファイル)】
Download file

111121_1820~01.jpg

 

投稿者 awasoul : 17:59

2011年11月10日

(2011−11)初心に帰って【4/30再掲】

4/30に更新したブログにつき、初心に帰る意味も含め、再度、掲載いたします。

後から更新してきたブログ読み返すと、ここまで告知してきたことも含め、
実現できていないことがたくさんあるなという印象です。

5/25のブログ『【告知2011−1】「みんなのゴール裏プロジェクト」について』
で告知し、現在も展開中である「みんなのゴール裏PJ」において、多くの方に
ご支援をいただいておりますが、ご期待に応えられる十分な活動はできていない
かな・・・と感じているところです。

残り4試合、もう一度、気を引き締め直して、精一杯のサポートをしていきたいと
思います。

最後のラストスパート。みなさまのより一層のご協力、よろしくお願いいたします!

View image

【以下、再掲文書です】
2011シーズン、「J1」昇格を目標に掲げるチーム・クラブと共に
より高いステージを目指すため、我々サポーターが何をしていくのか。

『現状のままではダメだ』

との共通認識の元、現存のサポーターズグループ間で協議し、
『共通言語』としての方向性をまとめました。

この指針に強制力や罰則規定がある訳ではありません。

ただ、誰もがスタジアムでの時間を楽しむことができ、また誰もが集いたくなる、
誇りと思える雰囲気づくりのためには、必要なことだと考えています。

スタジアムでの掲示や、折りに触れての告知等により、意識の浸透も
図っていきたいと思います。

その実現のためには、我々だけでは十分でなく、みなさまの力が必要です。
双方向でのコミュニケーションの元、共に徳島の未来を作っていきましょう!


[以下、告知文書です]

【徳島サポーターの目指す方向性】

●現状(2010)のゴール裏および全体の観客動員[平均約4,500名]と、
2011目標値[平均7,000名]との差は大きく開いています。
昇格を争うチームに相応しい雰囲気づくりのため、全体としての新規顧客の
取り込み、定着(リピーター化)が必須だと考えています。

【そのためには】

●『一体感』
チーム・サポーター間、サポーター相互の一体感づくり。
ゴール裏はそのためのエンジンの役割を担う重要な部分だと考えています。
応援に対する真摯な姿勢、良好なコミュニケーションによる排他的でない
ウェルカムな雰囲気づくり、観戦マナーを守ることなども重要なファクターだと
考えています。
●『他者へのリスペクト』
ヴォルティスサイドはもちろんのこと、相手チームサイドを含めた他者への
リスペクトを大切にします。
応援においては、より自分達を高め、大きな力でサポートすることを
基本理念とします。
●『徳島への愛情』
「徳島への愛情」をベースにし、「徳島に集う仲間」を大切にし、
「徳島らしさ」を創り、育て、表現していくことを目指していきます。

◎すぐに何もかもがうまくは行かないかもしれませんが、みなさんの協力を
得ながら、前向きに試行錯誤していけば、着実に前進していけると思います。

共に徳島を、ヴォルティスを支えていきましょう!


(徳島ヴォルティス サポーターズクラブ 一同)


[告知文書終わり]


また、その指針の元、2011シーズンに新たに横断幕を作成しましたので、
合わせてご説明させていただきます。 

●『一徳一心』
「共通の利益のために心を一つにする」という意味の言葉です。
徳島に関わる全ての人が「昇格」という目標のために心を一つにするという
思いを表しています。
徳は利益という意味だけでなく徳島という意味も込めています。

●『ここに集う者 徳島を愛する仲間なり』
ヴォルティスを支えるベースとなる「徳島愛」を具現化したメッセージです。

●『TOKUSHIMA・SANTUARIO(トクシマ・サンチュアリオ)』
「聖域(徳島)」という意味のポルトガル語です。
ヴォルティスを共に支える仲間が集うスタジアムを「神聖な場所」と位置付け、
その名に恥じない誇りある戦いをしようという決意を表したものです。

●『UM ANJO DA GUARDA(ウン・アンジョ・ダ・グアルダ)』
「守護神」という意味のポルトガル語です。
中央には、徳島県の中に雄々しい狸(守護神)のイラストを配置しています。


[以上です]

 

投稿者 awasoul : 18:26

2011年11月07日

(2011−10)ご協力御礼と最終戦に向けて

昨日の四国ダービーでは、多くのみなさまのコレオグラフィーへの
ご協力等々ありがとうございました。

事前の告知等も十分でなかったせいもあり、現地で試合開始直前
までバタバタしてしまったことにつき、お詫び申し上げます。

試合の方は、厳しい結果となってしまいましたが、我々にできることは
残り4試合、全力で前を向いて戦っていくことだけです。

アウェーにもできる限りのサポートを続け、大一番となるであろう
最後のホームゲームに向けても、盛り上げる工夫等、進めていきます。

昇格の成否を決めるのは、
「本気で昇格を念じ、そのために全力で行動する人」
がどれだけいるかだと思っています。

みんなの力でJ1昇格を果たしましょう!

 

投稿者 awasoul : 18:15

2011年11月02日

(2011−9[追記])四国ダービーでの取り組みについて

劇的なA千葉戦の勝利を経て、週末は四国ダービー。

昇格に向けての「勝ち点3」が必須の試合となります。

このダービーにおいて、選手入場時にゴール裏で3色のコレオグラフィーを
実施いたします。

また、スタジアム全体でみなさんの「J1昇格」に向けた熱い気持ちを
届けたいと考えています。
(白紙や白布等[スケッチブック等がお勧め]に記載したメッセージの掲揚)

コレオグラフィーにご協力をいただけるみなさまは、シート配布の都合が
ございますので、試合開始1時間前の17時にホームゴール裏へ
ご参集いただけますようお願いいたします。

詳細は、以下のファイル[PDF形式]をご参照下さい。

※ゴミは出さないよう、ご協力をお願いいたします!


Download file


みんなの気持ちを伝えるため、今シーズンから導入の横断幕の文言通り、
「ここ(スタジアム)に集う徳島を愛する仲間」が昇格に向けて「一徳一心」となり、
「J1のある街 徳島」を実現させましょう!

 

投稿者 awasoul : 18:14

2011年10月18日

(2011−8)1人1人ができることを

昇格へ向けての過酷なサバイバルレースが幕を開けました。

10月の5連戦、苦しい展開でしたが、初戦のA・京都戦で勝利を飾ることが
できました。

この勝利には、選手の頑張りももちろんですが、500人近く駆けつけ、最後まで
声援を送り続けた徳島サポーターの力が大きかったと感じています。

明日(10/19)のA・東京ヴェルディ戦を経て、久々のホームへ帰ってきます。
10/23のH・横浜FC戦、中2日でH・札幌戦と続いていきます。

このホームゲーム、観客動員数ももちろんですが、どれだけのスタジアム一体と
なった後押しができるか。それが重要だと考えています。

試合中、ずっと声を出し続け、跳び続けることを全員がやることは難しいと思います。

ただ、スタジアムに集まった全員が自分にできる何らかの形で応援に参加すること。
これは可能だと思います。

以下、何点か提案をさせていただきます。「自分にも参加できる」と感じるものが
ありましたら、ぜひご協力をお願いいたします。
(ご希望の席種によっては、制約上、無理なものもあるかもしれませんが)

※「◎」は特にお願いしたい項目です。

【試合開始まで】
●試合開始の約110〜90分前頃に第4ゲートに入場する選手バスを出迎える。
●選手がピッチに登場する、試合開始の約45分前頃までにスタジアムに入る。
●選手があいさつに来た時には立ち上がって拍手等で出迎える。
◎選手入場時には、立ち上がって出迎え、ゲーフラ・タオルマフラー・フラッグ等を
掲げる。また、太鼓でテンポアップしたら、振って動かし、雰囲気を作る。

【試合中】
◎特にゴール裏中心付近は、できるだけ立って応援する。
 (声を出したり、動きを付けたりしやすいです)
●選手・チームコール、チャント(応援歌)に合わせて、お腹から声を出す。
●応援時の太鼓に手拍子を合わせる。
 (チャント等によっては、周囲に合わせ、跳んだり、ハンドアクション等を付ける)
●ゴールが決まった際などは、照れずに(笑)周囲の仲間と全身で喜びを表現する。
◎優勢でも手を抜かず、劣勢でも最後まであきらめずに応援を続ける。

【試合後】
●選手があいさつに来るまでスタジアムに残る。できれば声かけ等も。
 (勝利した際には共に喜び合いましょう!)
●一緒に応援した仲間に声をかけ、健闘をたたえ合う。
◎ゴミはちゃんと持ち帰り、所定の位置(エコステーション)に捨てる。


ピッチ上だけでなく、サポーターを含む「みんなの力」でJ1昇格を成し遂げましょう!

 

投稿者 awasoul : 12:36

2011年10月08日

(2011−7)一丸となって前へ

J1昇格という目標へ向けての厳しい戦い。

その厳しい戦いの中に身を置くことが、クラブを、チームを、サポーターを、
より成長させてくれる環境だと思います。

目標を達成するために、また、その後の継続的な発展のためのベースとして、
更にみんなの結びつきを強め、より大きな力で支え合うことが必要となります。

団体がどうだとかいう小さな観点ではなく、より大きな視点で、
今後も精一杯の努力とチャレンジをしていきたいと思います。

みなさまの熱いサポート、よろしくお願いいたします!

投稿者 awasoul : 11:57

2011年08月12日

(2011−6) 8/14 水戸戦 〜 後半戦に向けて

2011シーズンのJ2リーグもいよいよ後半戦。

8/5のギラヴァンツ北九州戦での敗戦を引きずらず、
しっかり切り替えて、勝利をつかみたい大事な試合です。

初の徳島阿波踊りと日程が重なるホームゲームとなり、
スタジアムへの客足も読めない状況ですが、
阿波踊りに負けない熱気でサポートしていきたいと思います。


みんなが一体となって盛り上げていくためには、
シンプルですが、良好なコミュニケーションのもと、ベクトルを揃えて、
できるだけ多くの人が自分のこととして関与していくこと。

これに尽きると思います。


そういった前向きな雰囲気を作っていけるよう、できる限りの取り組みを
進めていきたいと思います。
(作ることは難しく、壊れるのは簡単というデリケートなものですが・・・)

そのためには、みなさまの力が不可欠です。
今後とも、より一層のご協力、よろしくお願いいたします。

 

投稿者 awasoul : 13:53

2011年06月17日

(2011−5)6/19 FC東京戦!

前節の岡山戦、ひどい天候の中、多くのご来場および熱いサポート、
ありがとうございました。

力及ばず、最後の最後のワンプレーで手痛いドローとなりましたが、
逆転までの流れは素晴らしいものがあったと思います。

ただ、惜しむらくは勝負を決める追加点。
これを取れるような雰囲気を作れるサポートをしていきたいです。


早くも週末、この6/19には、FC東京とのアウェーゲーム。
非常に力のあるチームの本拠地に乗り込んでの試合ですが、
怯むわけにはいきません。

現地へ行ける方は、現地へ乗り込んで熱いエールを。
徳島滞在の方も、可能であれば東新町のPV会場で熱いエールを。
サポーターの心と力をひとつにして、強敵に立ち向かいたいと思います。

以下、このPVで初めてヴォルティスの試合を観るという方にお願いです。

映像で観るサッカーも、もちろん素晴らしいものです。

しかし、スタジアムでの観戦、応援を通じてチームを支え、共に戦い、
仲間と感動を共にすることは、それ以上に素晴らしいものだと思います。

ぜひ、PVに来たことを足がかりに、スタジアム(できればゴール裏)に
足を運んでいただければと強く願います。

ご来場の折りには、我々も精一杯の応援と、可能な限りのサポートを
させていただきます!

 

投稿者 awasoul : 18:07

2011年06月07日

(2011−4)『チャンス』をものにする!

6/4のアウェー鳥栖戦を執念でドローとしての次節はホーム岡山戦。

上り調子の相手チームに、多くのアウェーサポーターを迎えての戦いが予想
されます。
上を目指していくのならば、試合結果だけでなく、ホームの雰囲気作り・応援でも
負けるわけには行きません。

活発な集客活動等により、多くのホームサポーターの来場があると思います。
しかし、ただ人数がいるだけでいいサポートができる訳ではありません。
大事なのは、どれだけサポーターが一体となって応援できるか。
「懸命にチームを支え、共に戦いたい」
という気持ちを揃えることができるか。

当日は初めてスタジアムに、ゴール裏に来るという方も多くいらっしゃると思います。

普段からスタジアム・応援に親しまれているみなさんには、それらの応援初心者の
方々をあたたかく受け入れ、サポートする体制づくりへのご協力をお願いしたいです。

自分自身も、初めてスタジアムに来る人も、共に愛するチームをサポートする
一体感・楽しさを味わえればと思います。

1人1人の力は小さくても、多くの人が力を合わせ、継続していければ、そんな
スタジアムを作り出すことは可能なはずです。

我々もできる限りのことに取り組んでいきたいと思います。


昨シーズンは、GWの岡山戦での逆転負けがリズムを崩す要因になりました。
しかし、同じ過ちは繰り返さないのが今年のヴォルティス。

多くの来場者が見込めるこの岡山戦は、本当に『大きなチャンス』
だと思います。

ぜひ多くのみなさまのご協力をお願いいたします。
共にこのチャンスを掴み取りましょう!

 

投稿者 awasoul : 10:26

2011年05月25日

(2011−3)「揺るぎないホームの雰囲気を!」

5/14のアウェー四国ダービーでの勝利、5/22の鬼門となっていた
岐阜アウェー・長良川での勝利。

チームはひとつずつ過去を乗り越えながら、着実に前進しています。

サポーターも、目先の勝利に酔いしれることなく、足元をしっかり見つめ直し、
今こそチームの頑張りに、ホームの雰囲気をしっかり作り上げ、地盤を築き、
それに応えて前進していく時だと思います。

上位対決となる5/28の栃木戦はもちろんのこと、6/12には多くの
アウェーサポーターに圧倒された苦い記憶のある岡山戦も控えています。

『試合でも勝ち、応援を含むスタジアムの雰囲気でも勝つ』

これができなければ、真の意味での昇格など夢のまた夢です。


この目標に向け、我々も、ひとつひとつ、自分達にできることを、力を合わせて
実践していきたいと思います。

まず手始めに、

スタジアムでの告知を行い、初心者の方をターゲットにした、
『ゴール裏ツアー』
を実施していきたいと思います。
(初めてだと「敷居が高い」、「怖い」と言った意見もよく伺いますので・・・)

メインスタンド等と比較して、多少の見にくさはありますが、応援による
試合および周囲との一体感・臨場感は他では味わえないものです。

食わず嫌いはもったいないと思います。

我々もできる限りのサポートをさせていただきます。
新しい扉を開く、一歩を踏み出す一助になりましたら幸いです。

そして、参加の後には、ご意見・ご感想等もいただけましたら嬉しく思います。
(独りよがりでは決していい雰囲気は作れませんので・・・)


ひとつひとつ、一人一人のアクションは小さなことかもしれませんが、
より多くの人が「本気」になれば、想像もつかない力になると思います。

みなさまの熱いサポートのほど、よろしくお願いいたします!

 

投稿者 awasoul : 18:46

2011年05月11日

(2011−2)「ゴール裏、増やしたいんや!」

本当に心からの叫びですが(笑)

現在、ゴール裏では、どうすれば
「みんなが集まりたくなる魅力的な場所」になるのか、
「多くの人に応援の楽しさに触れ、深く関わってもらえるのか」
を模索しています。

クラブ、チームに何もかも任せきりという態度は、決して望ましくないと思います。

ヴォルティスに関わるみんながつながり、協力して何かできないか。

1人の力は限られていますが、多くの人が心をひとつにして、一体となれば、
すごく大きな力が出せると思います。

いいアイデアや提案等がございましたら、ぜひゴール裏に集うメンバーまで、
気軽にお声がけください。
建設的なご意見をいただいて、そのサポートができればと考えております。

試合直前や試合中では十分な対応はできないかと思いますが、
別途、試合開始前(2時間前から1時間前頃までは比較的フリーになってます)や、
その他、TSVでの練習見学時等などは、比較的ゆっくりお話はできると思います。


みんなの力で、より多くの人が集い、熱くサポートできるゴール裏にしたいです。
ぜひ積極的なご協力のほど、よろしくお願いいたします!

 

投稿者 awasoul : 17:40

2011年04月30日

(2011−1)【重要!】徳島サポーターの目指す方向性

2011シーズン、「J1」昇格を目標に掲げるチーム・クラブと共に
より高いステージを目指すため、我々サポーターが何をしていくのか。

『現状のままではダメだ』

との共通認識の元、現存のサポーターズグループ間で協議し、
『共通言語』としての方向性をまとめました。

この指針に強制力や罰則規定がある訳ではありません。

ただ、誰もがスタジアムでの時間を楽しむことができ、また誰もが集いたくなる、
誇りと思える雰囲気づくりのためには、必要なことだと考えています。

スタジアムでの掲示や、折りに触れての告知等により、意識の浸透も
図っていきたいと思います。

その実現のためには、我々だけでは十分でなく、みなさまの力が必要です。
双方向でのコミュニケーションの元、共に徳島の未来を作っていきましょう!


[以下、告知文書です]

【徳島サポーターの目指す方向性】

●現状(2010)のゴール裏および全体の観客動員[平均約4,500名]と、
2011目標値[平均7,000名]との差は大きく開いています。
昇格を争うチームに相応しい雰囲気づくりのため、全体としての新規顧客の
取り込み、定着(リピーター化)が必須だと考えています。

【そのためには】

●『一体感』
チーム・サポーター間、サポーター相互の一体感づくり。
ゴール裏はそのためのエンジンの役割を担う重要な部分だと考えています。
応援に対する真摯な姿勢、良好なコミュニケーションによる排他的でない
ウェルカムな雰囲気づくり、観戦マナーを守ることなども重要なファクターだと
考えています。
●『他者へのリスペクト』
ヴォルティスサイドはもちろんのこと、相手チームサイドを含めた他者への
リスペクトを大切にします。
応援においては、より自分達を高め、大きな力でサポートすることを
基本理念とします。
●『徳島への愛情』
「徳島への愛情」をベースにし、「徳島に集う仲間」を大切にし、
「徳島らしさ」を創り、育て、表現していくことを目指していきます。

◎すぐに何もかもがうまくは行かないかもしれませんが、みなさんの協力を
得ながら、前向きに試行錯誤していけば、着実に前進していけると思います。

共に徳島を、ヴォルティスを支えていきましょう!


(徳島ヴォルティス サポーターズクラブ 一同)


[告知文書終わり]


また、その指針の元、2011シーズンに新たに横断幕を作成しましたので、
合わせてご説明させていただきます。 

●『一徳一心』
「共通の利益のために心を一つにする」という意味の言葉です。
徳島に関わる全ての人が「昇格」という目標のために心を一つにするという
思いを表しています。
徳は利益という意味だけでなく徳島という意味も込めています。

●『ここに集う者 徳島を愛する仲間なり』
ヴォルティスを支えるベースとなる「徳島愛」を具現化したメッセージです。

●『TOKUSHIMA・SANTUARIO(トクシマ・サンチュアリオ)』
「聖域(徳島)」という意味のポルトガル語です。
ヴォルティスを共に支える仲間が集うスタジアムを「神聖な場所」と位置付け、
その名に恥じない誇りある戦いをしようという決意を表したものです。

●『UM ANJO DA GUARDA(ウン・アンジョ・ダ・グアルダ)』
「守護神」という意味のポルトガル語です。
中央には、徳島県の中に雄々しい狸(守護神)のイラストを配置しています。

[以上です]

  

投稿者 awasoul : 04:04

 
     

Copyright (C) 2008 AWA SOUL. All Rights Reserved.