AWASOUL BLOG

 

こちらに直接アクセスした方は

↓のバナーをクリックしてTOP

ページよりアクセスしてください。

 

     
 

« 2013年03月 | メイン | 2013年11月 »

2013年10月25日

みんなで「一歩前へ」踏み込んで

週末のガンバ戦まで、あと2日と迫りました。

正念場の一戦に向け、カラーシートを使ったコレオグラフィー(人文字)
の実施についても、発表されました。[以下「コレオ」と表記します]

過去、カラーシートを使ったコレオに挑戦したことは何度かあります。

その都度、多くの方にご協力とご参加をいただきましたが、空白ができ、
不完全だったことは否めません。

理由としては、

(1)コレオを実施すること自体を知らなかった
(2)コレオのやり方やタイミングが分からなかった
(3)コレオを実施する時間(選手入場)に観客席まで辿り着けていなかった
(4)応援に関心が薄く、コレオに参加する気が無かった

などが主要因だと分析しています。

この空白をどれだけ埋められるかが、今の徳島の総合力を図るバロメーター
だと考えています。

(4)の要因が多数ではあってほしくないとは思っていますが・・・


それらを解消するため、

●いろいろな方面からのコレオ実施についての事前告知
●コレオとは何か、どうやったらいいのかのレクチャー
●早目のご参集の告知
●当日のスタジアムのスムーズな導線確保への協力

等を行っていきたいと考えています。

我々も頑張って告知等を進めますが、もし、初めてスタジアムに来場される
ご家族・知人・友人等がいらっしゃいましたら、みなさんからの発信で、
コレオのこと等をお伝えいただければ幸いです。

あと、もう一つ。
コレオで選手を鼓舞した後は本番の試合が始まります。

これは2年前の鳥栖戦の反省ですが、
応援(どころかスタジアム来場)自体が初めてで応援の仕方が分からない方が
多く見られて、総じて応援への参加率が低く、ピッチで戦う戦士達の逆境を
みんなで支えられなかったことが苦い後悔の念として残っています。

最も重要な、応援の基礎となるチームコール、徳島コール、選手コール。
そして、それらのコールやチャント(応援歌)に合わせた手拍子。
せめて、これらについてだけでも、みんなの参加でやりたい。
そして、苦しい状況に陥っても、それを跳ね返す力となりたい。

これは本当に強く願っていることです。

コレオの後は、選手・チームの思い(サイン・メッセージ)のこもったカラー
シートは大事にしまって、肉声で、手拍子で、全身を使って、ピッチで戦う
戦士達を鼓舞し、後押ししましょう。

『一戦必勝』

徳島のすべての力で成し遂げましょう!

投稿者 awasoul : 07:16

2013年10月19日

まずは目の前の一戦から

先日は、TSVでの「一戦必勝」ゲーフラ作成に多くの方のご協力を
いただきありがとうございました。

みなさんの思いを乗せたゲーフラを、責任を持って試合会場へ届けます。
厳しい終盤戦を共に戦っていきましょう!


現状でも、まだ「ヴォルティスの試合をスタジアムで見たことがない」
という方はいらっしゃると思います。

その中で、来週のガンバ戦で初観戦の予定という方もいらっしゃると
思いますが、ぜひ、お願いしたいことがあります。

ご予定の付く方は、ぜひ、明日の横浜戦にも来ていただきたいのです。

ガンバ戦では、ぜひ「徳島ヴォルティスを応援する」ためにスタジアム
に集まって欲しいと強く思っていますが、初観戦だとなかなか雰囲気が
つかめず、一体となって応援することが難しいからです。

浮き足立った雰囲気は、人数が多い時こそ余計に、現場に伝わってしまいます。
終盤の厳しい戦いを制するには、サポーターの経験の総和が必要です。

我々は2年前の鳥栖戦を繰り返したくないと強く願います。


ホームのガンバ戦を引き合いに出しましたが、ホーム最終戦の岡山戦も、
福岡・東京V・長崎と続くアウェーゲームもすべてが大事なゲームです。

でも最も大事なのは、目の前のホーム横浜戦。目の前の勝利。


今からでも我々サポーターができる一番大きな後押しは、

『1人でも多くの人が、少しでも早く、スタジアムに応援に来ること』

です。みんなの力で「一戦必勝」を成し遂げましょう!

投稿者 awasoul : 13:04

2013年10月12日

気持ちを一つに、目の前の戦いに全力を!

本当に久しぶりの更新です。

シーズン前半終了時に15位だった徳島ヴォルティス。
後半戦に入り、神がかり的な勢いを見せ、現時点で4位の成績です。

ただ、とある方の言い回しを借りると、

『我々は、まだ何も手にしていない』

状態です。

ここからが本当の正念場になる。
これが2年前の苦い経験から導き出される答えではないでしょうか。

目の前の一戦、目の前の一勝。
すべてに徳島が一丸となって、それぞれの立場で全力を注いでいくことが、
望む舞台に立つための条件だと思います。

『一戦必勝』

これこそが今の徳島にふさわしい言葉だと思います。

明日、練習試合が行われるTSVで、その言葉を冠した巨大ゲーフラの
作成(色塗り)作業を行います。

このゲーフラは、残りシーズン、全ての舞台で共に戦います。

ぜひ、ご来場の1人でも多くの方に、我らのヴォルティスへの熱い想いを
乗せたひと筆をいただければと思っています。

ご協力のほど、よろしくお願いいたします!

 

投稿者 awasoul : 21:29

 
     

Copyright (C) 2008 AWA SOUL. All Rights Reserved.