AWASOUL BLOG

 

こちらに直接アクセスした方は

↓のバナーをクリックしてTOP

ページよりアクセスしてください。

 

     
 

« 第2回 団体間MTGを実施しました!【No.11(2009/2−6)】 | メイン | サカダイ 2/24号【No.13(2009/2−8)】 »

2009年02月15日

『ハートに火を付ける』(2/14 MTGでの所感)【No.12(2009/2−7)】

2/14 徳島市内某所にてMTGを実施しました。
12名の参加をいただき、活発な議論を交わしました。

・・・ええ、土曜日のバレンタインデーの晩ですけど何か?(笑)

何か閉じられた存在に思われがち(かな?)なサポーター団体ですが、
どんなことを考え、活動しているのかを知っても欲しいですし、
様々な角度からの意見・提案がなければ、魅力的なサポートをしていくことは
不可能だと思いますので、新しい参加者も積極的に募るようにしています。

スタジアムでも同様の考えのもと、活動していきますので、ご協力をお願いいたします。
気になること等がございましたら気軽にお声がけくださいね!

様々な情報交換、意見交換をした後に、
現在の応援スタイル、スタジアムの雰囲気等についての意見交換や、
先日のチャント録音データの視聴、意見交換等も実施しました。


応援は、スタジアム全体を巻き込んで行うものです。

どうしても声の大きい一部の人の話し合いで決まっていく部分があるのですが、
そういう立場の人は、全体の雰囲気・声をつかもうとする努力が欠かせないと思います。

ただの自己満足に陥ってはいけないと、反省・自戒する点の多い1日でした。


サポーター団体というなら、『ハートに火を付ける』存在であるべきではないでしょうか。

魅力的な応援歌を作り、気持ちのこもった装飾品で雰囲気を盛り上げ、
全力で闘う姿勢を見せて、周囲の声を引き出し、選手を奮い立たせる。

その過程で、人と人とのつながりが広く、太くなって、多くの感動を共有する仲間ができる。

それが、サポーター活動に関わっての一番の楽しみであり、醍醐味だと思います。


主にスタジアム内のことばかり例に出しましたが、スタジアムで応援することだけが、
サポーターではないと思います。

スタ外でも、各人ができるサポートはいくらでもあると思います。
隣のおっちゃんも、近所の子供も、何らかの形でヴォルティスに関わっている。
そんな日が来てほしいなと思います。

「何を大層なことを言よるんや」と笑われる向きもあるでしょうが、
青臭く、泥臭く、理想を追っていきたいと思います。

投稿者 awasoul : 2009年02月15日 07:58

 
     

Copyright (C) 2008 AWA SOUL. All Rights Reserved.